HYDE×南海電鉄コラボ特急サザンの画像+運行区間と期間は?

コラボ情報

人気バンド [L’Arc-en-Ciel] (ラルクアンシエル)のボーカルとしても、ソロアーティストとしても活躍を続けるHYDE(ハイド)が、南海電鉄の特急サザンとコラボすることが発表されました!

HYDEやラルクのファンならば見逃せないこのコラボ、気になるのでHYDEサザン運行区間期間内容経緯お披露目セレモニーなどについて深掘りしていきますね。

スポンサーリンク

HYDEサザンが運行する区間と期間

HYDE(ハイド)がプロデュースする南海電鉄の特急サザン、通称“HYDE サザン”が運行する区間と期間は以下の通り。

HYDE サザン運行区間

大阪・なんば駅 ~ 和歌山市駅・和歌山港駅区間

【 HYDE サザン運行期間 】

2019年12月23日 ~ 2020年10月頃


南海電車特急サザンは、大阪府大阪市のなんば駅と和歌山県和歌山市の和歌山市駅(和歌山港駅)を結ぶ特急電車で、今回HYDEがプロデュースした電車が走るのがこの区間となります。

運行期間のスタートは2019年12月23日とハッキリ決まっていますが、終了が2020年10月頃と少しアバウトな表現になっていることに注意です。

確実にHYDEサザンを拝みたいなら、2020年9月ごろまでには見に行った方が良さそうですね!

HYDE×南海電鉄コラボ HYDEサザンの詳細やデザイン

HYDEがデザインを手がけたのは、特急サザンの座席指定車両(10000系)4両で、1~4の各車両ともデザインが異なります。

少し見ずらいかもですが、よく見るとレンガの壁上の部分に緑の植物の葉のようなものがあります。

これは、和歌山市の無人島「友ヶ島(ともがしま)」にある軍の要塞跡で、和歌山の人気観光スポット。(↓画像↓)

↑この友ヶ島の要塞跡は、ジブリの人気アニメーション映画「天空の城ラピュタ」の世界のようだと言われていています。

それが今回の、HYDEプロデュース特急サザンのベースデザインになっているのですね!

そしてそのベースの上に、、

●HYDEが2019年1月に行った 「HYDE ACOUSTIC CONCERT(ハイド アコースティックコンサート) 2019 黒ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA-」 の時のビジュアル。

●HYDEが使用しているハッシュタグ『なんて素敵な和歌山なんでしょう。』の文字。

●和歌山市の観光名所である、和歌山城、日前宮、マリーナシティのポルトヨーロッパの写真。

などの、HYDEや和歌山市にちなんだ写真や文字が、プリントされております。

HYDEと南海電鉄のコラボ実現の経緯とは?

HYDEは和歌山市出身ですが、これまであまり地元和歌山に関して多くを語ることはなかったです。

ところが、2019年1月にHYDEが地元和歌山市(和歌山ビッグホエール)で行った凱旋コンサートにて、和歌山市の市長から直々に 「和歌山市ふるさと観光大使」就任の依頼を受け、これを快諾。

そこからHYDEは、自身のSNSやテレビなどのメディアで、事あるごとに和歌山市の素晴らしさを猛アピールし続けています。

そんな背景もあり、南海電鉄と和歌山市が、和歌山市エリアの活性化とインバウンド旅客をはじめとする交流人口の拡大を目的として、今回HYDEに特急サザンのデザインプロデュースを依頼したというわけですね。

HYDEサザンお披露目セレモニーにHYDEは来ない?

HYDEがプロデュースした特急サザンのお披露目セレモニーが開催されるとの情報を見つけましたので、以下に載せておきます。↓↓

[日時]
2019年12月23日(月) 10:50 〜 11:20

[場所]
難波駅 7番乗車ホーム

[内容]
(1) 主催者挨拶 (南海電鉄:遠北 光彦、和歌山市:尾花 正啓)
(2) 来賓挨拶 (和歌山大学:尾久土 正己 様)
(3) 祝電披露 (HYDE氏)
(4) テープカットおよびフォトセッション
(5) 難波駅長による出発合図

※セレモニーの列車には、地元の大学生など関係者が記念乗車します。一般のお客さまはセレモニーの列車にはご乗車いただけません。

※セレモニーにHYDEは出席しません。

※セレモニー会場周辺はスペースが限られるため立入を制限します。

また、状況によって7番乗車ホームへの入場を制限する場合があります。

以上が、HYDEサザンお披露目セレモニーの概要となります。

概要の中でも目立つように赤文字にしていますが、大事なことなので、あらためて書きます。

『セレモニーにHYDEは来ません!』

HYDEファンの方がHYDEに会えると思ってセレモニーに行ったのに『来てないやん!』ってならないように念押ししておきますね。

HYDEを見ることはできなくても、いち早くHYDEサザンを生で見たい!とかHYDEサザンの写真を撮りたい!というお方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上!HYDE(ハイド)と南海電鉄のコラボ企画、HYDEサザンの情報でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました