阪神藤浪2020年は完全復活?練習試合日ハム戦の快投に虎党歓喜!

阪神タイガース

プロ野球の2020年シーズン開幕を前に練習試合が行われていますが、2月9日の阪神タイガースvs日本ハムファイターズの試合で、阪神の藤浪晋太郎投手が好投を見せたと話題になっております!!

阪神ファンが待望する未完の大器・藤浪晋太郎の復活&覚醒!!この日の投球はそれを感じさせてくれる素晴らしい内容でした。

この日の藤浪投手のピッチングを振り返り、それを観た阪神ファンの声などもお伝えしますね。(・∀・)

スポンサーリンク

2020年2月9日 阪神vs日ハム戦 藤浪晋太郎の投球内容

以下”ベースボールキングより引用 “

阪神は今季2試合目となる対外試合の先発投手に藤浪を指名。ここ数年制球に苦しんでいた右腕は初回、先頭の松本にフルカウントから速球が外角高めに外れて四球で出塁を許すも、2番・石井はニゴロ。この間に一走が二進し得点圏に走者を背負ったが、3番・王に対しては内角低めの157キロで見逃し三振。続く4番・横尾はスライダーで三ゴロに打ち取り、立ち上がりのピンチを無失点で切り抜けた。

 2回は一死から育成登録の左打者・海老原に四球で出塁を許したが、7番・高濱を外角低めのスライダーで三ゴロ併殺。課題とされている右打者のインコースへ速球を投げ込むことはなかったが、右打者の外角、左打者の内角へ力強いボールを投げ込み、2回を無安打、2四球、無失点とまずまずの内容。球場に詰めかけた阪神ファンからは一球一球拍手を送られ、今季初めての対外試合登板を終えた。

ここまで。


以上のようなピッチングでした。2回を投げて無安打無失点と結果は完璧。最速157キロのストレートはエグかったです!2020年は東京オリンピックの影響でシーズン開幕が早いことを差し引いてもこの2月上旬に157キロは凄い!!

ここ数年散々コントロールに苦しんでいる藤浪投手だけに、1回、2回とも先頭打者を四球で塁に出してしまっている点は大いに気になるところですが、それを補って余りある球の速さキレが阪神ファンを喜ばせましたね!

元々高卒から阪神に入団したルーキーイヤーから荒れ球は持ち味である意味彼の武器でもありました。その武器が逆方向にふれてしまいかなり苦しい時期を過ごしてきました。

この日は、一番苦手としている右打者へのインコースを突く速球は投げていないので、今後この点とどう向き合っていくか克服できるかどうかも、藤浪晋太郎復活&覚醒の大きなポイントになりそうですね。

ともあれ、この日の日本ハム戦のピッチングは大いに期待を抱かせてくれるものであったことは間違いないようです。

そんな阪神ファンたちの声を中心にネットの反応を見ていきましょう!

阪神タイガース藤浪晋太郎快投!への皆さまの声


阪神ファンにとっては藤浪晋太郎の復活を心から願ってるでしょう!2020年の藤浪投手の大活躍に期待です!!(・∀・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました