コロナウィルス和歌山の場所は湯浅の有田済生会病院で50代男性医師

和歌山 NEWS WEB によりますと

⚫︎和歌山県内で初めて新型コロナウィルスの感染が確認された

⚫︎湯浅町の済生会病院に勤務する50代の外科医師

⚫︎この男性は、1月31日に発熱などの症状が出たため、2月5日にインフルエンザの検査を受けたものの陰性だったということです。
その後、肺炎が認められたため新型コロナウイルスの検査を行い、13日、陽性が判明した

⚫︎発症前の14日間中国への渡航歴はなく、中国人との接触も確認できていない

⚫︎男性は現在別の医療機関に入院している

⚫︎和歌山県の仁坂知事は、男性が勤務していた済生会有田病院について、新規の患者の受け入れは行わず、既に入院している患者については、全員、検査を行ったうえで病院内にとどまってもらうとしている

⚫︎50代男性医師は和歌山市に住んでいる

⚫︎和歌山市は感染拡大を防ぐため電話での相談窓口を増設する

☆今後の続報を積極的に受け取り、自分の身を守るようにしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました