コロナウィルスの美容院や理容室(床屋)への影響は?対策は大丈夫?

気になるニュース

新型コロナウイルス影響美容院理容室(床屋)にも出ています。髪を切りたいとかカラーをしたいと思っていても、行っても大丈夫かな?とか気になりますよね。

今、美容室や理容室にコロナウイルスのどのような影響が出ているのか?各お店でどのような具体的な対策がとられているのか?などについて調べてみましたので参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

コロナウィルスの美容院や理容室(床屋)への影響

美容院や理容室は、よほどのことがないかぎりお店を開ける傾向にありますし、今のところコロナウィルスのせいでお店を閉めたりしばらく休業するということはほとんど無いようです。(今後のウィルス感染の拡大具合によっては休業するお店も出てくるかもしれません。)

でも、他の業種と同じように予約のキャンセルが出たり、いつもは予約が取りにくいお店の予約が取りやすかったり、普段は混んでるお店が比較的空いているなどの影響が出ているようです。

あとは、お店への問い合わせの電話やメールも増えているようで、その内容は、、

▪『お店(美容院・理容室)に行きたいけど、コロナウィルスが心配』

▪『お店で何かウィルス対策をしている?』

▪『マスクをしたままカットやカラーをしてもらえる?』

▪『お店が休みになったりする?』

▪『キャンセルしても大丈夫?』


このような内容の問い合わせが多いみたいです。

これらのうち、

▪『お店が休みになったりする?』
←に関してはさきほどお話したように、今のところはほとんど休みになっていません。(今後の新型コロナウィルスの感染拡大次第では休業するお店が出てくるかも)

『キャンセルしても大丈夫?』 ←これは全然大丈夫です。不安を抱えたまま無理にお店にいく必要はありませんし、近々何かの用事があってその前にどうしても髪を整えておきたいとか、髪が伸びすぎてガマンできないなど、どうしてもという理由がないのでしたらキャンセルは大いに有りだと思います。コロナウィルスが落ち着いてもう安心だと思えるまで待つのも賢明な判断です。

『お店で何かウィルス対策をしている?』『マスクをしたままカットやカラーをしてもらえる?』についてはこのあと見ていきますね。


美容院・理容室が実施しているコロナ対策例

美容院・理容室によって、実施されているコロナウィルス対策は様々です。実際にお店で行われているコロナ対策を見ていきます。

▪スタッフのマスク着用

▪消毒用アルコールハンドジェルを設置

▪セット椅子、シャンプー台、クロス、タブレットなどの、スタッフやお客様の手指に振れるものの消毒

▪清掃の際の消毒使用

▪希望のお客様のマスク着用

▪スタッフの体温チェック

▪空気感染防止のための環境消毒

▪こまめな換気

▪タオル類は50度以上で煮沸消毒

▪カミソリの消毒の徹底

▪風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いているとか、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)があるなどの、コロナウィルスの特徴的な症状があるお客様への来店日変更、延期のお願い。


このような対策をしている美容院・理容室があります。これらすべてを徹底して行っているお店もあれば、今の時点では何も対策をしていないお店もあります。

ですので、心配であれば自分の行きつけのお店や、これから行こうとしているお店のウェブサイト(ホームページ) を見てみたり、メールや電話で問い合わせてみるといいですね。(ウェブサイトに情報がない場合は、一番早いのは電話で聞くのが早いです)


美容院・理容室におけるマスクの問題

スタッフがマスクをしている店もしていない店もある

各お店によってスタッフがマスクを着用しているところもあれば、していないところもあります。

マスクは着用していれば感染しないものではなく、どちらかというと人にうつさないためにするための意味が大きいです。なので、施術をしてもらうお客さんの立場からすると、少しでも感染リスクを減らすためには自分の髪を担当してくれる人にマスクをしていてもらいたいところですよね。

となると、スタッフがマスク着用している美容室を選択するというのもありだと思います。

お店にマスクをして行き、着用したままでも対応してもらえる?

中には、美容室にマスクをしていきたい方もいると思います。さらにマスクをしたままカットやカラーをしてもらいたい方もいるのではないでしょうか?

これに関してもお店によって対応は様々ですし、うける施術内容によってもマスクを着用したままでもできるかどうかが変わってきます。

マスクを着用しているとカットやカラーがやりずらいし、カラー剤や髪の毛が付いて汚れてしまうという理由でマスクを外していただくというスタンスのお店もありますし、、

マスクが汚れても大丈夫で、マスクを付けたままでできる施術内容であればマスクを着用したままでOKというお店もあります。

中には、お店側でお客さん用のマスクを用意しておいて、汚れたりした場合にマスクをくれる親切なお店もありますし、本当にいろいろなお店がありますので、この件に関しても、気になる点をあらかじめお店に問い合わせておくと間違いなです。


極端な例ですが、

●ロングヘアの毛先を整えるようなカットならマスクをつけたままでも問題なし

●メンズに多い耳周りを短くしたり刈り上げるようなカットの場合はマスクをしていると難しい

このように、施術内容的にマスクをしていてはできないこともありますので、その点には注意が必要ですね。


コロナウィルスの理美容室への影響や対策まとめ

いろいろ見てきましたが、まとめますとお伝えしたい要点は3つ。

●美容院・理容室にも客数減少やキャンセルなどコロナウィルスの影響が出ている

●急ぎではない場合は、お店に行かない、キャンセルすることも考える

●コロナ対策やマスク関係のことに関しては、お店のホームぺージで確認したり、直接問い合わせてみる


です。少しでも参考にしていただければ幸いです。m(__)m


↓【コロナ禍でも自宅で楽しめるエンタメ情報】↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました