キン肉マン322話感想!ビッグボディの男気とフェニックス復活と!

マンガ/アニメ

※はじめに

(画像はなし、記事をアップするのは木曜以降にしています。ネタバレの掲載が目的ではなく、大好きなキン肉マンの個人的感想を書いた記事です。もし削除依頼があればすみやかに対応します。キン肉マン322話の内容を知りたくないお方は見ないでくださいね。(>_<))


キン肉マン322話「特攻野郎Bチーム」の感想いきます!タイトルにあるBチームのBは「ビッグボディ」のBだかんね!!(・∀・)

ここ数話に渡り超神ランペイジマンに対してありえないほどの奮闘をみせてきたレオパルドン。前回の最後ではランペイジマンに相当痛めつけられた!→(キン肉マン321話感想!レオパルドンの粘りとビッグボディチームの絆が熱い!)

どうなっちゃうのレオパルドン!!どうか残酷な仕打ちだけはご勘弁を!( ˘•ω•˘ )

それでは!本編スタート!!(^O^)/

スポンサーリンク

キン肉マン322話感想パート1/勇者レオパルドンにひどいことしちゃダメ!

前回、ランペイジマンのパニッシュメントエングレイバーをまともに被弾してリング外へ落ちそうになるも、ギリギリでなんとかリングの中へと戻れたレオパルドン

だけど、リング上で仰向けに倒れたまま動かない。やはり決着はついたようだね!

『もう他にいないだろうな?何人もあとから湧いてきおって』とランペイジマン

ビッグボディは『この5人で我らビッグボディチーム!これ以上のメンバーなどいるわけがない!』涙を流しながら答える。

このビッグボディのチームメンバーへの思い。王位争奪戦の時にはまったく分からなかったけど、ビッグボディはこんなにもチームのメンバーに対して情のある男だったんだな!体も心も大きな男だぜ!

すると、ランペイジマンはレオパルドンの体をギャバギャバと宙に浮かせて(どんなマジック?ハンドパワー??)レオパルドンの体を全身を八つ裂きにしてやろうと言い放つ。(イジメだめ!絶対!!)

レオパルドンの全身のあちこちにベリベリ!とヒビが入り割れる音が響きレオパルドンのうめき声が!レオパルドンはまだ生きていた!(よかった!)

ランペイジマンは人質として使うためにわざと生かしておいたのだと言う。(Σ(゚д゚;))

僕が懸念していた残酷ショーが始まるのかと心配になったなぁ。ここまで善戦して活躍したレオパルドンに残酷な最後はやめてほしいと思ってたし。

キン肉マン322話感想パート2/ビッグボディの男気溢れる判断!あの男の登場!

ランペイジマンはレオパルドンを人質にビッグボディからカピラリアの破片の所在を吐かせようとしていた。言わなければレオパルドンだけでなく、キャノンボーラー、ゴーレムマン、ペンチマンも、そしてビッグボディも順番に殺していくと言う。(ひどい(>_<`))

ランペイジマンに対して『せめてリングで戦わせろ』とビッグボディ。するとレオパルドンはビッグボディに自分の不始末を詫び、他の3人(キャノンボーラー、ゴーレムマン、ペンチマン)もオレたち全員の責任だと言う。

ビッグボディは (なにがあってもコイツらを助けたい!でも知ってる秘密を話すことは超人界の存亡に関わる重大なことであり、絶対に話すわけにもいかない) と考える。

ほんの少しだけ考えたあとでビッグボディが下した決断は・・

ビッグボディはザ・ロードウォリアーズばりに頭からリングに飛び込んでランペイジマンにショルダータックルをくらわせレオパルドンを救出!さらに自らランペイジマンと戦う姿勢をみせる!(く~!シビれるぜ!BB!(>_<))

ビッグボディ『オレがお前の要求に屈したら、アイツらは自害の道を選ぶ。そんなことは大将としてさせられん!』


もうね!とにかくビッグボディ株が上がりまくりなんすよ!!めっちゃ仲間思いだし、度胸も勇気もあるし、カッコいいの!( *´艸`)


それを受けてランペイジマンは、じゃあ方針転換して今度はビッグボディ本人に死よりもツラい拷問で吐かせてやると言った。

ビッグボディは『超人ってのはお前らが思ってるよりバカなんだ!』とランペイジマンと対決姿勢を崩さない。

ビッグボディとランペイジマンの対戦が始まるのかというその時、空中に映像が映し出される!

『もういいビッグボディ。そこまでだ。何もお前がここで死ぬことはない。』

映像に映っていた声の主は、キン肉マンスーパー・フェニックスだった!(うおー\( °0° )/)

キン肉マン322話感想パート3/ビッグボディチームは生き残れた!?フェニックスの登場でどうなる?

キン肉マン322話のストーリーはここまでなんだけど、まずはレオパルドンが死んでいなかったこと、そして残酷な殺され方もしなかったことに安心。(ε-(´∀`;)ホッ)

ビッグボディチームの結束力、ビッグボディの4人への信頼と思い。何回も言うけど、こんなに魅力のあるチームだったとは、、

今もう一度、王位争奪戦をリメイクしたら、ビッグボディチームとスーパーフェニックスチームのバトルも面白くなりそうだけどな。

あのころのビッグボディチームは噛ませ犬役でとにかくダメダメな印象しかなかったからなぁ。

それが時を経てビッグボディ本人も、他の4人も、ビッグボディチーム自体にスポットが当てられるんだから本当に感慨深いよね。

ビッグボディ的には、仲間を見殺しにできない、でも超人界の未来も守りたい、その中で出した結論が死を覚悟してランペイジマンと戦うことだったというわけで、そのあたりの気持ちがめちゃくちゃ熱いよね!

で、最後に登場したスーパーフェニックス!!アリステラ戦でかなりのダメージを負っていたはずだけど、、元気になってそうだったね(笑)

ここ最近の活躍でビッグボディが評価を上げる一方で、フェニックスがアリステラに、ゼブラがマリキータマンに敗れるという大ショックを僕自身まだ拭いきれてないんだけど、フェニックスが元気そうな姿を見せてくれたのは朗報!!

アリステラに負けたのも作戦のうちだったとかだったらなぁと思うけど、さすがにそれはないよね汗
とにかく、ビッグボディとビッグボディチームが大変な目に遭う危険は一旦回避されたのかな?(まだ油断はならんけど)

っていうかフェニックスが『何もお前が死ぬことはない』ってビッグボディに言ってたけど、ビッグボディが死ぬ前提ってひどくない?勝つかもしれんやん!生き残れるかもしれんやん!!

このフェニックスの登場がどんな展開につながっていくのか? 今後がまったく読めないな。汗
個人的にフェニックスとゼブラには運命の王子の中でも強者のイメージがあるので、この先どこかで巻き返してほしいな!!

今回は以上です!(^^)

【キン肉マン感想記事倉庫はコチラ↓↓】


【永遠の肉少年へ!夢のキン肉マン全巻セットはコチラ↓↓】

コメント

タイトルとURLをコピーしました